仮面ライダー 142 バンダイ 食玩 仮面ライダー倶楽部編1

様々な媒体で展開されたデフォルメデザインの仮面ライダーシリーズ、仮面ライダー倶楽部にの塩ビ人形の食玩版を紹介していきます。

1987年

仮面ライダー倶楽部
1987年発売
価格100円
ブラインドパッケージ仕様で販売されたデフォルメデザインの無彩色人形2体セットで、ミニカードが付属しています。
全てガシャポン版の流用なので、新造形はありません。

1988年

仮面ライダー倶楽部
1988年発売
価格100円
シリーズの第2弾で、ショッカーとゲルショッカー以外の組織の怪人もラインナップされていますが、いずれもガシャポン版の再販です。
こちらにもミニカードが付属しています。
パッケージにZXが大きく扱われているのが個人的に嬉しいです。

仮面ライダー倶楽部
1988年発売
価格100円
シリーズの第3弾で、バイクに乗った仮面ライダーと怪人のセットになっています。
立体化の少ないテントローがラインナップされているのがすごいと思います。

  • 新サイクロン&ガニコウモル
  • 改造サイクロン&ガラガランダ
  • ハリケーン&カミキリキッド
  • ライダーマンマシーン&イカデビル
  • クルーザー&ザンジオー
  • ジャングラー&オオカミ男
  • カブトロー&ドクダリアン
  • テントロー&カニバブラー
  • スカイターボ&ピラザウルス
  • Vマシーン&トカゲロン
  • ヘルダイバー&くも男
  • 旧サイクロン&コブラ

仮面ライダー倶楽部
1988年発売
価格100円
シリーズの第4弾はバイクに乗ったライダー以外のキャラクターは新造形です。
魔神提督やメガール将軍など、かなりマニアックなラインナップです。

1989年

仮面ライダー倶楽部
1989年発売
価格100円
シリーズ第5弾です。
今弾から人形に付属のマスクを装着出来るタイプのものが登場しています。
マスクタイプは新造形で、それ以外は再販です。
怪人側にもマスクタイプがあります。

仮面ライダー倶楽部
1989年発売
価格100円
シリーズ第6弾です。
今回も引き続きマスクタイプがラインナップされ、それ以外は再販です。
BLACKがシリーズ初登場しました。
パッケージアートはスカイライダーのマスクを取ろうとする魔神提督というマニアックな組み合わせです。

1990年

仮面ライダー倶楽部
1990年発売
価格100円
シリーズ第7弾はマスクタイプとノーマルタイプのベスト弾になっています。

仮面ライダー倶楽部
1990年発売
価格100円
第8弾もマスク着脱タイプは全て新造形です。
死神カメレオンやコブラ男、アルマジロングまでマスクタイプで登場していますが、ZXが最後までラインナップされなかったのが残念です。

1991年

仮面ライダー倶楽部
1991年発売
価格100円
シリーズ第9弾で、恐らく最終弾だと思います。
マスクタイプでは無いノーマルタイプの人形にジオラマベースが付属した内容で、新造形はありません。
以前発売されたものを入手し損ねてた方には良いかもしれませんが、急にパワーダウンした感は否めません。