ウルトラマングッズ研究所 1971〜1972 ブルマァク 帰ってきたウルトラマンソフビ編

帰ってきたウルトラマン放映当時にブルマァクから発売されたソフビを紹介していきます。

スタンダードサイズ

ウルトラマンとセブンのキャラクターのリリースに続いてラインナップされたスタンダードサイズのソフビです。
引き続き、袋入りで販売されました。
第4クールの怪獣も多数発売され、当時の人気の程が伺えます。

帰ってきたウルトラマン
1971年発売
価格350円

アーストロン
1971年発売
価格350円

タッコング
1971年発売
価格350円

ザザーン
1971年発売
価格350円
NG版のスーツを元に造形されているので、顔があります。

サドラー
1971年発売
価格350円
この当時はサドラーが正式名称でした。

デットン
1971年発売
価格350円
テレスドンのボディを流用して作られています。

キングザウルス三世
1971年発売
価格350円
劇中とは異なり、直立で造形されています。

グドン
1971年発売
価格350円

ツインテール
1971年発売
価格350円

ゴルバゴス
1971年発売
価格350円
MATのカラースプレーを浴びた後を再現したようなカラフルな彩色です。

ゴーストロン
1971年発売
価格350円

ダンガー
1971年発売
価格350円

ステゴン
1971年発売
価格350円

モグネズン
1971年発売
価格350円

シュガロン
1971年発売
価格350円

シーモンス
1971年発売
価格350円

シーゴラス
1971年発売
価格350円

エレドータス
1971年発売
価格350円

テロチルス
1971年発売
価格350円

ベムスター
1971年発売
価格350円

サータン
1971年発売
価格350円

マグネドン
1971年発売
価格350円

ビーコン
f:id:dream-hobby:20210516090509j:plain

画像はワールドフォトプレスのウルトラソフビ超図鑑の25ページ

1971年発売
価格350円

ゴキネズラ
1971年発売
価格350円

ザニカ
1971年発売
価格350円

キングストロン
1971年発売
価格350円

ザゴラス
1971年発売
価格350円

ノコギリン
1971年発売
価格350円

グロンケン
1971年発売
価格350円

オクスター
f:id:dream-hobby:20210516090626j:plain

画像はワールドフォトプレスのウルトラソフビ超図鑑の26ページ

1971年発売
価格350円

プルーマ
1971年発売
価格350円

キングマイマイ
価格350円

ムルチ
価格350円

ナックル星人
価格350円

ブラックキング
価格350円

バルダック星人
1972年発売
価格350円

スノーゴン
1972年発売
価格350円

ロボネズ
1972年発売
価格350円

メシエ星雲人
1972年発売
価格350円

ササヒラー
1972年発売
価格350円

ミステラー星人
1972年発売
価格350円

キングボックル
1972年発売
価格350円

大サイズ

帰ってきたウルトラマン
1971年発売
価格450円

MAT隊員
1971年発売
価格450円
郷秀樹の顔に似せた造形です。

帰ってきたウルトラマン(面替)
1971年発売
価格480円
頭部が着脱出来るソフビです。

特大サイズ

帰ってきたウルトラマン
1971年発売
価格650円

MAT隊員
1971年発売
価格650円

ジャイアントサイズ

帰ってきたウルトラマン
1971年発売
価格1500円

MAT隊員
1971年発売
価格1500円

アーストロン
1971年秋発売
価格1500円

タッコング/b>
1971年秋発売
価格1500円

ツインテール
1971年発売
価格1500円

磁石付き怪獣シリーズ

スタンダードサイズのソフビに磁石が付いたソフビシリーズで、ゴーストロンのみ新造形です。

アーストロン
1971年発売
価格400円

ゴーストロン
1971年発売
価格400円

シュガロン
1971年発売
価格400円

モグネズン 
1971年発売
価格400円

その他

デラックスマット隊員
1971年発売
価格1000円
肘と膝が可動するソフビです。

紹介は以上です。
ミニサイズなどは改めて更新をしていきます。
スタンダードサイズに関してはワールドフォトプレスの「ウルトラソフビ超図鑑」に写真付きで掲載されていますので、良かったら確認してみてください。

ウルトラマングッズ研究所 1967年 ウルトラセブン編

今回はウルトラセブンの1967年から1968年にかけて発売されたソフビ以外の玩具を紹介していきます。

マルザン

マルサンから社名を変更してセブン関連のソフビを展開していましたが、ソフビ以外の商品も
いくつか発売していました。

ゼンマイ ソフトポインター
価格350円

ソフトポインター
価格200円

マルザン プラモデル

マルザンから発売されたプラモデルを紹介していきます。

ウルトラセブン(A)
f:id:dream-hobby:20210515231231j:plain

画像は竹書房ウルトラマンプラモデル大鑑の58ページ

1967年発売
価格600円
メーカー マルザン
歩く怪獣シリーズと同じように電動で歩行するプラモデルです。
ウルトラマンのような電飾ギミックはありませんが、足元を大きくしたため、歩行性は上がっています。

ウルトラセブン(B)
1967年発売
価格100円
メーカー マルザン
吸盤を使ってベースに固定したミニサイズのセブンがバネによって飛び跳ねるプラモデルです。

ウルトラセブン(C)
1967年発売
価格50円
メーカー マルザン
セブンとウルトラホーク2号のミニプラモデルセットで、ジオラマ風のベースが付属しています。

ウルトラセブン(A)
1967年発売
価格600円
メーカー マルザン

ウルトラホーク1号スーパー
1967年発売
価格450円
メーカー マルザン
劇中同様に分離・合体が再現できるプラモデルです。
α号は電動、β号はフリクション、γ号は手動によって走らせることができます。

ウルトラホーク1号(A)
1967年発売
価格350円
メーカー マルザン
先に紹介した「ウルトラホーク1号スーパー」の金型を流用しています。
βとγの走行ギミックをオミットして、価格を低く設定しています。
後期箱が存在しています。

ウルトラホーク1号(B)
1967年発売
価格100円
メーカー マルザン
約8センチほどのプラモデルで、分離と合体も再現されています。
β号はスプリング発射できます。
成形色違い+中袋の仕様が異なるものもあります。

ウルトラホーク1号(C)
1967年発売
価格50円
メーカー マルザン
手動でコロ走行が出来るプラモデルです。
β号はスプリング発射が出来ます。

ウルトラホーク2号(A)
1967年発売
価格350円
メーカー マルザン
前進と後進ができるプラモデルです。
成形色はオレンジとライトグレーがあります。
後期箱が存在しています。

ウルトラホーク2号(B)
1967年発売
価格100円
メーカー マルザン
ウルトラセブン(B)」と同じようにスプリングで跳ねるウルトラホーク2号のプラモデルです。

ウルトラホーク3号(A)
1967年発売
価格500円
メーカー マルザン
障害物に当たっても、向きを変えて走り続けるミステリーアクション機能を持ったプラモデルです。
後期箱が存在しています。

ウルトラホーク3号(B)
1967年発売
価格150円
メーカー マルザン
フリクション走行のギミック付きです。
成形色が2種類確認されています。

ウルトラホーク3号(C)
1967年発売
価格50円
メーカー マルザン
ミサイル発射とコロ走行のギミック付きです。
成形色がいくつか存在しています。

マグマライザー(A)
1967年発売
価格500円
メーカー マルザン
電動でドリルやキャタピラなどが回転するプラモデルです。
劇中には無かったミサイルが取り付けられています。

マグマライザー(B)
1967年発売
価格150円
メーカー マルザン
フリクション走行とミサイルが発射出来ます。

マグマライザー(C)
1967年発売
メーカー マルザン

マグマライザーアタック
1967年発売
価格250円
メーカー マルザン
ゼンマイによるドリルの回転とキャタピラ走行、さらにミサイルの発射ギミック付きです。

ポインター(A)
1967年発売
価格350円
メーカー マルザン
スイッチによって前進と後進ができます。

ポインター(B)
未発売
メーカー マルザン

ポインター(C)
1967年発売
価格50円
メーカー マルザン
ミサイル発射とコロ走行のギミック付きです。

ポインター スカイライン
1967年発売
価格250円
メーカー マルザン
ミサイルの発射とゼンマイによる走行ができます。

紹介は以上です。
リストは随時更新をしていきます。

ウルトラマングッズ研究所 1966年 ウルトラマン編

今回は1966年から1967年にかけて発売されたソフビ以外のウルトラマンの玩具のリストです。

マルサン商店

ウルトラマン
f:id:dream-hobby:20210515205150j:plain

画像はワールドフォトプレスフィギュア王No.81の46ページ

ウルトラマンの電動で歩行するリモコントイで、目とカラータイマーが点灯します。

ウルトラマンタンク
スタンダードサイズソフビのウルトラマンの頭を戦車に取り付けた玩具で、フリクション走行します。

ウルトラマン怪獣パレード
ゼンマイ走行するネロンガ、ナメゴン、カネゴンのソフビ製玩具です。

あかちゃんシリーズ ウルトラマン
1966年発売
価格150円
メーカー マルサン商店
ゼンマイで車輪走行するソフビで、ウルトラQの怪獣も発売されています。

おはなしシリーズ ウルトラマン特捜隊員
価格2000円
トーキング機能付きのビッグサイズドールです。

ウルトラマン特捜隊員
トーキング無しの廉価版です。

ウルトラ水ピスボート ウルトラマン
口が水鉄砲、ボートがソープディッシュになっています。

ウルトラ水ピスボート ジラース
口が水鉄砲、ボートがソープディッシュになっています。

マルサン 歩く怪獣シリーズ

ウルトラQの怪獣も多数発売された歩行ギミック付きのプラモデルシリーズです。

歩く怪獣シリーズ ウルトラマン
1966年秋発売
価格800円
メーカー マルサン
ギヤボックスの動きと連動して目とカラータイマーが点灯します。
怪獣に比べて細いため、歩行がしにくかったようです。

歩く怪獣シリーズ ネロンガ
1966年夏発売
価格500円
メーカー マルサン
先に発売されたバラゴンの金型を実際のスーツと同様に流用しています。
モーターが別売なので、定価が少し安くなっています。

歩く怪獣シリーズ ギャンゴ
1967年春発売
価格650円
メーカー マルサン
マルザンへの社名変更直前の発売なので、生産数も多くなく、頭部のアンテナが破損しやすいこともあって、かなりのプレミアが付いています。

歩く怪獣シリーズ レッドキング
1967年春発売
価格650円
メーカー マルサン
こちらもギャンゴと同時期の発売なので、プレミアが付いています。
成形色が赤と白の2種類があるようです。

マルサン 怪獣豆シリーズ

こちらもウルトラQウルトラマンの怪獣を多数ラインナップした簡単組立のプラモデルシリーズです。

怪獣豆シリーズ ウルトラマン
1966年冬発売
価格100円
メーカー マルサン

怪獣豆シリーズ バルタン星人
1966年冬発売
価格100円
メーカー マルサン

怪獣豆シリーズ ネロンガ
1967年春発売
価格100円
メーカー マルサン

怪獣豆シリーズ ラゴン
1966年秋発売
価格100円
メーカー マルサン
箱絵がウルトラマンに登場した際の巨大な姿で描かれています。

怪獣豆シリーズ レッドキング
1967年春発売
価格100円
メーカー マルサン

怪獣豆シリーズ 怪獣大決斗
1967年春発売
価格100円
メーカー マルサン
約5センチのミニプラモデル6体セットです。
セット内容はウルトラマン、ゴメス、ゴロー、ペギラカネゴン、ガラモン、パゴスです。

マルサン その他のプラモデル

ジェットビートル
1966年夏発売
価格350円
メーカー マルサン
歩く怪獣シリーズのように電動で走行します。

特殊潜航艇S-25号
1967年発売
価格350円
メーカー マルザン
マルザン時代、唯一のウルトラマンのプラモデルです。

増田屋齋藤貿易

ウルトラマン手踊り ウルトラマン
1966年発売
価格200円

ウルトラマン手踊り バルタン星人
1966年発売
価格200円

ウルトラマン手踊り ネロンガ
1966年発売
価格200円

ウルトラマン手踊り レッドキング
1966年発売
価格200円

ウルトラマン手踊り ピグモン
1966年発売
価格200円
ガラモンの成形色変えです。

ウルトラマン手踊り アントラー
1966年発売
価格200円

ウルトラマン手踊り ギャンゴ
1966年発売
価格200円

ウルトラQ ウルトラマン ゆび人形
1966年夏発売
価格200円
ウルトラマン、バルタン星人、ネロンガペギラカネゴンの指人形セットです。
成形色・彩色違いがあります。

タカハシ

空気ビニール人形 ウルトラマン

空気ビニール人形 ジラース

紹介は以上です。
プラモデルは「ウルトラマンプラモデル大鑑」に詳しく掲載されています。
今後も随時更新していきます。

ウルトラマングッズ研究所 1966年 ウルトラQ編

今回は1966年頃に発売されたウルトラQの玩具のリストです。

増田屋齋藤貿易 手踊りシリーズ

f:id:dream-hobby:20210513083747j:plain

画像はワールドフォトプレスフィギュア王No.47の10ページ

増田屋齋藤貿易から発売されたハンドパペットシリーズで、マルサン商店のソフビ以前に発売されました。
追加生産時に彩色などを変更し、いくつものバリエーションが存在しています。

ウルトラQ手踊り ゴメス
1966年春発売
価格200円
メーカー 増田屋齋藤貿易

ウルトラQ手踊り ペギラ
1966年春発売
価格200円
メーカー 増田屋齋藤貿易

ウルトラQ手踊り カネゴン
1966年春発売
価格200円
メーカー 増田屋齋藤貿易

ウルトラQ手踊り ラゴン
1966年春発売
価格200円
メーカー 増田屋齋藤貿易

ウルトラQ手踊り ガラモン
1966年春発売
価格200円
メーカー 増田屋齋藤貿易

トミー

ペギラ トコトコ人形
メーカー トミー

相川玩具工業

空気ビニール人形 カネゴン

空気ビニール人形 ガラモン

空気ビニール人形 パゴス

マルサン商店 あかちゃんシリーズ

ゼンマイの車輪で走るソフビシリーズです。

あかちゃんシリーズ ゴメス
価格150円
メーカー マルサン商店

あかちゃんシリーズ ゴロー
価格150円
メーカー マルサン商店

あかちゃんシリーズ ペギラ
価格150円
メーカー マルサン商店

あかちゃんシリーズ カネゴン
価格150円
メーカー マルサン商店

あかちゃんシリーズ ガラモン
価格150円
メーカー マルサン商店

あかちゃんシリーズ パゴス
価格150円
メーカー マルサン商店

あかちゃんシリーズ カネゴン
価格150円
メーカー マルサン商店

マルサン商店 歩く怪獣シリーズ

ソフビでお馴染みのマルサンから発売されたプラモデルシリーズです。
コントロールボックスのボタンで歩きます。

歩く怪獣シリーズ ゴメス
1966年8月発売
価格450円
メーカー マルサン商店

歩く怪獣シリーズ ゴロー
1966年8月発売
価格450円
メーカー マルサン商店

歩く怪獣シリーズ ペギラ
1966年秋発売
価格650円
メーカー マルサン商店

歩く怪獣シリーズ カネゴン
1966年冬発売
価格800円
メーカー マルサン商店

歩く怪獣シリーズ ガラモン
1966年夏発売
価格650円
メーカー マルサン商店

歩く怪獣シリーズ パゴス
1966年秋発売
価格650円
メーカー マルサン商店

歩く怪獣シリーズ トドラ
1966年秋発売
価格650円
メーカー マルサン商店

マルサン 怪獣豆シリーズ

歩く怪獣シリーズと同じくマルサンから発売されたプラモデルシリーズで、サイズは約10センチです。

怪獣豆シリーズ ゴメス
1966年秋発売
価格100円
メーカー マルサン商店

怪獣豆シリーズ ゴロー
1966年秋発売
価格100円
メーカー マルサン商店

怪獣豆シリーズ ペギラ
1966年冬発売
価格100円
メーカー マルサン商店

怪獣豆シリーズ ガラモン
1966年発売
価格100円
メーカー マルサン商店

怪獣豆シリーズ カネゴン
1966年発売
価格100円
メーカー マルサン商店

怪獣豆シリーズ パゴス
1967年発売
価格100円
メーカー マルサン商店

当時のウルトラQ玩具はウルトラマンのキャラクターと平行して発売されたものがほとんどです。
プラモデルは「ウルトラマンプラモデル大鑑」に写真付きで詳しく掲載されていますので、良かったら確認してみてください。
本リストも随時更新していきます。

仮面ライダー グッズ研究所 食玩 1993年〜1999年編

1993年から1994年に展開された仮面ライダー100という食玩を紹介していきます。
未彩色のライダーや怪人の人形2体、またはライダーとバイクの2体がランダムに入っていました。
未彩色ながら、造形が良く、後年に一部のキャラクターは塗装を施してポケットヒーローシリーズの一つとしてユタカから発売されました。

仮面ライダー100

1993年発売
価格100円
シリーズ第1弾です。
比較的オーソドックスなラインナップですが、注目したいのは旧1号とセットのコブラ男です。
蜘蛛男や蜂女を差し置いてラインナップされることがあまり無いのでそれだけでも貴重ですが、第10話に登場した再改造版のパーツまで付いています。
放映当時から現在まで、わりと商品化に恵まれている怪人ですが、再改造を再現した商品は少ないので嬉しいラインナップです。

仮面ライダーZO&ドラス
仮面ライダー旧1号&コブラ
仮面ライダーX&アポロガイスト
仮面ライダーストロンガー&鋼鉄参謀
仮面ライダーBLACK RX&シャドームーン
仮面ライダー新2号&新サイクロン
仮面ライダーV3&ハリケーン
仮面ライダーアマゾン&ジャングラー
仮面ライダースーパー1&ブルーバージョン
仮面ライダーBLACK&バトルホッパー

仮面ライダー100

1994年発売
価格100円
第2弾にはあまり立体化が多くない、コブラ男ガライとデスガロン、豪島変身体がラインナップされています。
サボテグロンも特にエンディングで印象的だったメキシコの花を体に取り付けることが出来るマニアックさです。

仮面ライダーJ&コブラ
仮面ライダー旧2号&サボテグロン
仮面ライダーV3&ライダーマン
ロボライダー&デスガロン
仮面ライダーシン&豪島変身体
仮面ライダー旧1号&サイクロン
仮面ライダーストロンガー&カブトロー
スカイライダー&スカイターボ
仮面ライダーZX&ヘルダイバー
バイオライダー&マックジャバー

仮面ライダー100
1994年発売
価格100円
シリーズ第3弾にして最終弾です。
バチンガルやバラオムなど通好みの怪人が目を引きます。
スカイライダーとZXもバイクだけでなく、怪人とセットで発売されて欲しかったです。

仮面ライダー新1号&ガラガランダ
仮面ライダーアマゾン&モグラ獣人
仮面ライダースーパー1&バチンガル
仮面ライダーBLACK&バラオム
バイオライダー&ジャーグミドラ
仮面ライダーJ&Jクロッサー
仮面ライダーZO&Zブリンガー
仮面ライダーX&クルーザー
仮面ライダーBLACK RX&アクロバッター
ロボライダー&ロボイザー

当時も今も仮面ライダーの怪人はそこまで立体化が多くなく、他のシリーズではあまり見かけないキャラクターがラインナップされていて、集めていて楽しいシリーズでした。

最後にユタカから発売された、本商品の型を流用したグッズを紹介します。

ポケットヒーローシリーズ 仮面ライダー グランデルヒーローズ パート1
f:id:dream-hobby:20210507195609j:plain

画像は徳間書店ハイパーホビーVOL.11の72ページ

1998年発売
価格980円
メーカー ユタカ
ユタカのポケットヒーローシリーズの1つとして、全国の玩具店で販売されたものです。
パート1は新1号、X、ZO、アマゾン&ジャングラー、BLACK&バトルホッパーのセットです。
新1号は仮面ライダー100では旧1号として発売されたものを新1号カラーにしているので、旧1号のポーズになっています。

ポケットヒーローシリーズ 仮面ライダーグランデルヒーローズ パート2
1998年発売
価格980円
メーカー ユタカ
同時に発売されたパート2はストロンガー、RX、シャドームーン、新2号&新サイクロン、V3&ハリケーンのセットです。

他にもユニファイブからポケットヒーロー付属の一部のキャラクターを流用してキーホルダーやストラップも発売されています。

紹介は以上です。
こういった塩ビ人形は入手困難なものも多く、短期間にコンプリートするのは難しいですが、立体化に恵まれていないキャラクターも多数ラインナップされているので、根気良く集めて見てください。

仮面ライダー グッズ研究所 リアルライダー編

今回は1992年から1993年にかけてバンダイから発売された食玩「リアルライダー」を紹介します。

f:id:dream-hobby:20210509213225j:plain

画像はワールドフォトプレスフィギュア王No.38の76ページです。

リアルライダーは約10センチのフルカラー塩ビ人形シリーズで、無彩色や一部のみの塗装の人形が主流の中で発売された画期的な商品です。
子供だけでなく、大人の仮面ライダーファンにも好評で、第3弾まで展開がされました。

リアルライダー

1992年発売
価格200円

シリーズの第1弾は以上の5種類です。
第1弾から1号ではなく2号だったり、商品化の少ないZXがラインナップされているなど、マニアックな構成です。

リアルライダー

1993年発売
価格200円

1号は旧1号、スカイライダーは強化型のカラーリングで、旧1号のラインナップは第1弾に続いてマニアックです。

リアルライダー

1993年発売
価格200円

当時の最新ライダーZOがラインナップされた第3弾。
1号は待望の新1号で、V3は第1弾の再販です。
ライダーマンがラインナップされなかったのが残念です。

紹介の全種類はワールドフォトプレスフィギュア王No.38に写真付きで掲載されていて、タイのセブンイレブンで行われたキャンペーン品も合わせて紹介しています。
このキャンペーン品はリアルライダーに似ていますが、サイズがすこし小さく、商品化されなかったライダーマンまでラインナップされています。
気になる方はぜひ確認してみてください!

仮面ライダーグッズ研究所 ポケットヒーローシリーズ編

今回はユタカから発売されていた仮面ライダーのポケットヒーローシリーズを紹介します。
ポケットヒーローシリーズは彩色済みのミニフィギュアのセット商品で、1990年代のユタカの主力商品でした。
ウルトラマンに並んで仮面ライダーも多数の商品が発売されています。

ポケットヒーローシリーズ 仮面ライダーSD PART1
1992年発売
価格900円
メーカー ユタカ
彩色済みのミニフィギュアセットで、バンダイから食玩で展開された「仮面ライダー倶楽部」の塩ビ人形を流用しています。
パート1は新1号、V3、ライダーマン、ストロンガー(チャージアップ)、スーパー1、ZXの6体セットです。

ポケットヒーローシリーズ 仮面ライダーSD PART2
1992年発売
価格900円
メーカー ユタカ
パート2は旧1号、新2号、X、アマゾン、タックル、強化型スカイライダーの6体セットです。

ポケットヒーローシリーズ 仮面ライダーSD PART3 仮面ライダーvs怪人軍団
1992年発売
価格900円
メーカー ユタカ
パート3からは怪人も加わりました。
新1号、スーパー1、ショッカー戦闘員、地獄大使、シオマネキング、アポロガイストのセットです。

ポケットヒーローシリーズ 仮面ライダーSD PART4 仮面ライダーvs怪人軍団
1992年発売
価格900円
メーカー ユタカ
パート4は新2号、V3、死神博士、ムカデタイガー、ドクトルG、カメバズーカの6体セットです。

ポケットヒーローシリーズ 仮面ライダーSD PART1
メーカー ユタカ
フィギュア4体とバッジのセットで、フィギュアは6体セットと同一です。
旧1号、V3、ライダーマン、ストロンガーのフィギュアと1号のバッジのセットです。

ポケットヒーローシリーズ 仮面ライダーSD PART2
メーカー ユタカ
フィギュア4体とバッジのセットのパート2です。
セット内容は新1号、アマゾン、スカイライダー、ZXのフィギュアとV3のバッジです。

ポケットヒーローシリーズ 仮面ライダーSD PART3
メーカー ユタカ
2号、X、タックル、スーパー1のフィギュアと2号のバッジのセットです。

ポケットヒーローシリーズ 仮面ライダーSD ライダーマシン5 Part1
1992年発売
価格1350円
メーカー ユタカ
ライディングポーズのライダーフィギュアとバイクのセットです。
パート1のセット内容は1号&ネオサイクロン、ライダーマン&ネオライダーマンマシーン、X&ネオクルーザー、アマゾン&ネオジャングラー、RX&ネオアクロバッターです。

ポケットヒーローシリーズ 仮面ライダーSD ライダーマシン5 Part2
1992年発売
価格1350円
メーカー ユタカ
パート2は2号&ネオサイクロンⅡ、V3&ネオハリケーン、ストロンガー&ネオカブトロー、スーパー1&ネオVジェット、ZX&ネオヘルダイバーがセットになっています。
5台セット以外にも「ライダーマシン2」という名称で2台セットになったタイプの物もあります。

ポケットヒーローシリーズ 仮面ライダーSD ライダーマシン5 Part3
1993年発売
価格1350円
メーカー ユタカ
パート3はZO&ネオZブリンガー、スカイライダー&ネオスカイターボ、ロボライダー&ネオロボイザー、バイオライダー&ネオマックジャバー、シャドームーン&ヘルシューターのセットです。

ポケットヒーローシリーズ ライダーキャリア
1994年発売
価格4800円
ライダーの移動基地であるライダーキャリアで、別売りのポケットヒーローシリーズと同フォーマットのRXとシャドームーン、J&Jクロッサー、そしてライダーたちを乗せられるライドロンが付属しています。
ハッチのオープンやマシンを走らせるレールの展開などのギミックがあります。
シンがポケットヒーローシリーズにラインナップされなかったのは残念ですが、未発売だったJをこういったかたちで立体化してくれたのは本当に嬉しいです。
箱や説明書を見るとネオJクロッサーではなく、Jクロッサーみたいです。

ポケットヒーローシリーズ 仮面ライダー グランデルヒーローズ パート1
f:id:dream-hobby:20210507195609j:plain

画像は徳間書店ハイパーホビーVOL.11の72ページ

1998年発売
価格980円
メーカー ユタカ
バンダイが1994年から1995年に展開した食玩シリーズの仮面ライダー100の人形に彩色を施してセットにした商品です。
パート1には新1号、X、ZO、アマゾン&ジャングラー、BLACK&バトルホッパーのセットです。
新1号は仮面ライダー100では旧1号として発売されたものを新1号カラーにしているので、旧1号のポーズになっています。

ポケットヒーローシリーズ 仮面ライダーグランデルヒーローズ パート2
1998年発売
価格980円
メーカー ユタカ
パート2はストロンガー、RX、シャドームーン、新2号&新サイクロン、V3&ハリケーンのセットです。

紹介は以上です。
ほとんどの商品がバンダイ食玩からの流用ですが、彩色がされているだけで、いずれも違った印象を受けます。
また、食玩と違って、セット内容を確認して購入出来るのも嬉しいポイントでした。
あまり振り返られることが少ないですが、正しく90年代を代表するシリーズだと思います。