キャラグッズ紹介 仮面ライダーアギト 映像ソフト/CD編

2021年に20周年を迎えた平成仮面ライダーシリーズの第2作目の仮面ライダーアギトのグッズを紹介していきます。

アギト・G3・ギルスの3人の仮面ライダーの登場、数多くの謎が散りばめられた物語、今では恒例となったスーパー戦隊と同時上映される劇場版、ゴールデンタイムでの一時間のスペシャル番組など、クウガ以上に話題に事欠かせない内容でシリーズ化を決定付けた作品です。

前年のクウガタイムレンジャーの時にもあった出演俳優人気もさらに加速した印象で、雑誌掲載などもとても多かった記憶があります。

2019年には仮面ライダージオウに登場し、新たなファンを獲得し、2021年にはコレクター向けの変身ベルトも発売されるなど、他の仮面ライダー作品に勝るとも劣らない支持を持つ本作品の関連商品を映像ソフトから紹介していきます。

仮面ライダーアギト VOL.1 [DVD]

仮面ライダーアギト VOL.1 [DVD]

  • 発売日: 2001/12/07
  • メディア: DVD

放送中の2001年12月から発売が開始されたDVDで、全部で12巻あります。

初回特典はトレーディングカードで、全巻購入特典のカードバインダーも存在しています。

カードの絵柄は当時アマダから発売されていたカードと被らない写真が使用されているので、コレクターの方は必携です。

現在はBlu-rayボックスが発売されていて、新規インタビューやてれびくんのバトルビデオなどの映像特典も豪華ですが、DVDでしか見られない当時のキャストインタビューなどの特典もあり、さらには劇場版のディレクターズカット版がBlu-ray化されていないので、DVDで揃えるのも十分にオススメです。

2016年から2017年にかけて3つに分けて発売されたBlu-rayボックスです。

DVDよりもコンパクトに揃えることができ、視聴が困難だった、てれびくんの全員サービスで配布されたビデオなど、映像特典も充実していますので、今から映像ソフトを集めるなら一番のオススメです。

ボックス1には初回特典として全3ボックスを収納できるケースが付属していました。

2001年10月に放送されたスペシャル番組を収録したDVDで、こちらにも初回特典としてトレーディングカードが付属していました。

劇場版に繋がる作品ですが、テレビシリーズや劇場版を見ていなくても楽しめる構成になっていて、このテレビスペシャルでしかみることの出来ないG3MILDにも注目です。

Blu-rayは発売されていませんが、テレビシリーズのボックスの3巻に収録されています。

劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4 [DVD]

劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4 [DVD]

  • 発売日: 2002/05/21
  • メディア: DVD

2001年9月にガオレンジャーと同時公開された劇場版を収録したDVDで、初回特典はトレーディングカードです。

舞台挨拶や予告などの映像特典も収録されています。

劇場版オリジナルの仮面ライダーであるG4やアギトとギルスの新フォームの先行登場、仮面ライダー1号・本郷猛を演じた藤岡弘、氏のゲスト出演など、久しぶりの劇場版公開を否が応でも盛り上げる要素が満載の作品です。

エクシードギルスはガシャポンの指人形が先行発売されていましたが、映画に登場することは伏せられていたので、その変身過程も含めてサプライズだったと思います。

劇場版のメイキングを収録したDVDです。

こちらにも初回特典としてカードが付属していたので、コレクションしている方は必携です。

劇場公開版にカットされたシーンを追加した作品で、こちらには初回特典のトレーディングカードは付属しませんでした。

パンフレットに写真が掲載されていたフレイムフォームの登場やギルスの活躍シーンなど約20分が追加されて、さらに見応えのある作品になっています。

新たにメイキングや座談会なども収録されています。

劇場公開版と予告を収録したBlu-rayです。

映像特典がDVDより少なく、ディレクターズカット版も収録されていないので、あまりオススメ出来ません。

ここからは他の作品に仮面ライダーアギト関連のキャラクターが登場した作品の映像ソフトを紹介していきます。

仮面ライダーディケイド Volume.3 [DVD]

仮面ライダーディケイド Volume.3 [DVD]

  • 発売日: 2009/09/21
  • メディア: DVD
仮面ライダーディケイド Blu-ray BOX

仮面ライダーディケイド Blu-ray BOX

  • 発売日: 2017/03/08
  • メディア: Blu-ray

平成仮面ライダー10周年を記念して製作された作品で、第12話と第13話がアギト編です。

仮面ライダーディケイドで描かれる各平成ライダーの世界はオリジナルではなく、再創造された新たな世界なので、オリジナルキャストは出演していませんが、アギトやG3、G3-X、エクシードギルス、アンノウンたちが登場しています。

仮面ライダーディケイドの劇場版で、平成ライダーだけでなく、昭和ライダーも集結し、その話題性から大ヒットを記録した作品です。

賀集利樹氏が本放送以来、久しぶりに顔出しで津上翔一を演じていますが、出番はかなり少なめです。

仮面ライダーシリーズ生誕40周年記念の劇場作品で、目立った活躍はありませんが、アギトとG3-X、ギルス、アンノウンが登場します。

仮面ライダースーパー戦隊が共演する劇場作品です。

アギトとアンノウンが登場していますが、目立った活躍はありません。

また、ほんの一瞬ですが、G3も登場しています。

2012年から2013年にかけて放送された仮面ライダーウィザードの第52話と第53話にはクウガからフォーゼまでの平成ライダーと鎧武が先行登場していて、本作品からはアギトとアンノウンが登場しています。

15人の平成ライダーと15人の昭和ライダーが激突する劇場作品です。

スーパー1との戦いで、本編でもたった2話しか登場しなかったトリニティフォームに変身します。

仮面ライダーの歴史が狂った世界を舞台にした劇場作品で、グランドフォームだけでなく、バーニングフォームも登場します。

仮面戦隊ゴライダー [Blu-ray]

仮面戦隊ゴライダー [Blu-ray]

  • 発売日: 2017/09/13
  • メディア: Blu-ray

超スーパーヒーロー大戦のスピンオフ作品で、ビデオパスで配信されました。

アナザーアギト・木野薫が本放送以来の登場を果たしました。

平成仮面ライダー20周年記念作品です。

物語終盤に賀集利樹氏が声を演じるアギトが登場します。

歴代平成仮面ライダーが数多く登場した仮面ライダージオウにももちろんアギトは登場しています。

第31話と第32話がアギト編で、翔一、真魚、尾室がオリジナルキャストで登場、アギトはトリニティフォームにも変身し、「BELIEVE YOURSELF」まで流れるという、ファンにはたまらない演出で話題になりました。

映像ソフトの紹介は以上です。 

紹介したもの以外にもディエンドやグランドジオウが召喚して登場した作品などもあります。

続いてCDを紹介します。

仮面ライダーアギト

仮面ライダーアギト

第35話まで使用されたオープニングテーマである「仮面ライダーAGITO」と第1話から第29話と最終話の第51話、仮面ライダージオウの第32話で使用された「BELIEVE YOURSELF」を収録したシングルCDです。

主題歌だけを集めたい方には中古であればリーズナブルな価格なのでオススメですが、8センチシングルなので、プレーヤーによっては再生出来ないので注意が必要です。

セカンドエンディングテーマとして発売されましたが、劇中で結局使用されなかった、
「One&Only」、アギトとG3のバイクの歌を収録したシングルCDで、カラオケバージョンも集めるなら必携です。

第26話のトリニティフォームの活躍シーンから使用されたエンディングテーマで、ジャケットが仮面ライダースナックを意識したデザインなのがうれしいです。

アギトのアルバムにはフルサイズが未収録になっています。

オープニングやエンディング、挿入歌などを収録したアルバムです。

これだけでは、全ての歌は揃わないので、後述のアルバムやDEEP BREATHのシングルが必要です。

仮面ライダーアギト サウンドトラック

仮面ライダーアギト サウンドトラック

音楽を担当しているのはクウガに続いて佐橋俊彦氏です。

戦闘中に使用されるエンディングテーマが目立ちますが、BGMも幅広い曲調で聴き応えのある名曲が揃っています。

2021年現在、完全版のサントラが発売されていないので、アギトのBGMを集めるなら必携です。

新たに製作された歌とBGMを両方収録したCDで、DEEP BREATHのフルサイズや一部のBGMが未収録になってしまったので、評価がわかりれているCDです。

第36話から使用されたオープニングテーマや真魚ちゃんのキャラソン、劇場版のBGMなど、構成には問題ありですが、中身はどれも名曲です。

がむしゃら~熱くなれ~

がむしゃら~熱くなれ~

ウルフルズが歌う劇場版の主題歌を収録したCDです。

仮面ライダー関連のCDには収録されたことがないので、主題歌などを集めている方は手に入れておきたい作品です。

プレイステーション用ソフトとして発売されたアギトのゲームのBGMを収録したCDで、パソコンで、プレイ動画などが再生できる仕様になっています。

アギト以外にもクウガ龍騎の一部の歌を集めたCDです。

劇場版の主題歌以外のアギト関連の歌がこれ一枚で揃うのでオススメです。

平成仮面ライダー20作品記念ベスト(CD3枚組)

平成仮面ライダー20作品記念ベスト(CD3枚組)

  • アーティスト:V.A.
  • 発売日: 2019/05/01
  • メディア: CD

クウガからジオウまでの平成ライダーの主題歌などを集めたCDです。

お手軽に音楽で平成ライダーを振り返るならオススメですが、アギトや剣、電王は前期オープニングのみで、響鬼はエンディングテーマだけなど、オープニングテーマのコンプリート盤ではないので、全てのオープニングテーマを集めたいという方にはオススメ出来ません。

CDの紹介は以上です。

主題歌・挿入歌を集めるなら、主題歌・挿入歌大全集Ⅲ、BGMを集めるなら、ミュージックコレクションとミュージック&ソングコレクションを購入するのが良いと思います。

前述の通り、本作品の主題歌やBGMを全て収録したCDは2021年現在、発売されていないのがとても残念です。

ウルトラマンなどの円谷プロ作品と比べると、仮面ライダーの楽曲をコンプリートしたCDは中々発売されないので、この20周年の2021年に期待したいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

キャラグッズ紹介 テイルズオブファンタジア 映像ソフト/CD編

前回に続いてテイルズオブファンタジアの関連グッズを紹介していきます。

まずは映像ソフトを紹介します。

OVAのDVDは全4巻が発売されていて、それぞれに通常版とBGMなどを収録したCDが付属するコレクターズエディション、付属のCDの収録内容がドラマCDになっているユグドラシルエディションの3パターンがあります。

2008年に発売されたBlu-rayボックスです。

全4話を収録し、特典として絵コンテ集が付属していますが、DVDの限定版特典のCDなどは付属していません。

Blu-rayボックスと同時に発売されたDVDボックスで、付属品はこちらも絵コンテ集のみです。

総集編とノンテロップオープニング・エンディング映像、原画ギャラリーに加え、PVや海外版のアバン部分を収録した初回限定版です。

テイルズオブシリーズの生誕15周年を記念してリリースされたBlu-rayボックスで、全4話のほか、今までに発売されたファンディスクやサントラとドラマCDをセットにしたものです。

サイズもコンパクトで、収録内容も豪華なので、一番のオススメ映像ソフトです。

2016年に発売された廉価版で、本編のみを収録しています。

映像ソフトの紹介は以上です。

紹介したように何回も映像ソフトが発売されていますが、特典も豪華でかなりリーズナブルな価格で入手できる2011年版のBlu-rayボックスがオススメです。

ちなみに2010年にはUMD版も発売されました。

次はCDを紹介します。

スーパーファミコン版とその移植作のゲームボーイアドバンス版で使用されたオープニングテーマを収録しています。

夢は終わらない‾こぼれ落ちる時の雫

夢は終わらない‾こぼれ落ちる時の雫

  • アーティスト:よーみ
  • 発売日: 1998/12/19
  • メディア: CD

よーみによる、プレイステーション版の主題歌を収録したシングルCDで、エンディングテーマももちろん収められています。

1999年に発売されたサントラですが、ゲーム音源ではなく、アレンジされた曲が収録されているので、評価がわかれている作品です。

20周年記念のCDボックスが発売されている現在はあまりオススメ出来ない作品です。

1999年に発売された3種類のドラマCDを集めたCDボックスで、ゲーム本編の物語やすずのにんじゃにっきなどを収録しています。

2000年から2001年にかけて発売されたアンソロジーCD3枚を集めたCDボックスで、ゲームや小説では描ききれなかったクラースやアーチェ、すずの葛藤など、シリアスからギャグまで収めた聞き応えのあるボックスです。

20周年を記念して発売された待望のCDです。

スーパーファミコン版、プレイステーション版、ゲームボーイアドバンス版のBGMと主題歌の他、PSP版のエンディングBGMも収録されています。

以前に発売されていたサントラがアレンジ版のため、違和感があったので、今から購入するならこのCDがオススメです。

Amazonではオルゴール付きの限定版も発売されました。

アニメ版のサントラで、BGMだけでなく主題歌も収録されています。

主題歌が収録されているCDはこれのみなので、テイルズオブシリーズの歌を集めるなら必須のCDです。

アニメ版のミニエピソード集で、全部で6種類が発売されていて、2011年に発売されたBlu-rayボックスにも付属しています。

クレスのキャラクターに賛否がわかれているシリーズですが、テイルズオブシリーズのクロスオーバー作品のクレスを知っているとだいぶ違和感は薄まると思います。

CDの紹介は以上です。

収録内容も決定版というくらいの内容なので、20周年を記念して発売されたサウンドBOXが一番オススメのCDです。

CDだけでなく、読み応えのあるブックレットも付属しているので、ファンタジアのファンなら購入しても損は無い名盤だと思います。

最後はフィギュアを紹介していきます。

コトブキヤから発売された1/8スケールのフィギュアです。

ミントのフィギュア自体があまり発売されていないので貴重なのですが、顔の出来は好みが分かれるとこだと思います。

ミントと同様に1/8スケールで発売されたアーチェのフィギュアです。

サンプル写真だとわかりにくいですが、目に違和感があり、さらに離れているので、あまり顔が似てないのが残念です。

他には同じくコトブキヤからトレーディングフィギュアか、ぬいぐるみが発売されたくらいで、完成品のフィギュアはほとんど商品化の機会に恵まれていません。

テイルズオブシリーズは女性人気もとても高い作品なので、キーホルダーなどの雑貨類の方がフィギュアよりも充実していて、描き下ろしイラストを使用した物も多数発売されているます。

関連商品の紹介は以上です。

こうして、発売されたグッズを振り返るとフィギュア類の少なさが目立ちますね。

同サイズでテイルズオブシリーズのキャラクターを集められるフィギュアシリーズなどがあれば良いと思いますが、中々難しいんですかね。

また新商品が発売されましたら、追記します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

キャラグッズ紹介 テイルズオブファンタジア ゲーム/書籍編

今回は伝説のRPGテイルズオブファンタジアのグッズを紹介していきます。

1995年12月25日にナムコより発売されたスーパーファミコン用ソフトで、現在も新作が発売されているテイルズオブシリーズの第1作目です。

魔王ダオスを倒すため、クレスとその仲間たちが様々な冒険をするストーリーで、その冒険は時をも越えて展開していきます。

スーパーファミコン用ソフトでありながら、オープニングに歌が流れたり、戦闘システムにアクション要素があったりなどの特徴が話題になった作品です。 

実際に自分の周りでもドラクエⅥ派の方が多かったのですが、確実に本作品のファンもいました。

現在まで様々なハードで遊べるように移植版が発売されていますが、フルリメイクはされていないのに違和感なく遊べるのは、この時点でシステムや方向性が定まっていて、完成度のとても高い作品だったからこそなのだと思います。

まずはゲームの紹介からです。

テイルズ オブ ファンタジア

テイルズ オブ ファンタジア

  • 発売日: 1995/12/15
  • メディア: Video Game

スーパーファミコン用ソフトとして1995年に発売されたものです。

移植版が発売されるまではプレミア価格で取引されていましたが、現在でも2000円から3000円くらいの価格で売られていることが多いです。

テイルズオブファンタジア PlayStation the Best

テイルズオブファンタジア PlayStation the Best

  • 発売日: 1998/12/23
  • メディア: Video Game

1998年にプレイステーションに移植され、2000年には廉価版が発売されました。

すずがパーティキャラクターとして使用出来たり、戦闘システムの変更、闇の洞窟の探索、今ではおなじみのフェイスチャット追加などの要素が加わり、さらにボリュームが増しました。

テイルズ オブ ファンタジア

テイルズ オブ ファンタジア

  • 発売日: 2003/08/01
  • メディア: Video Game

2003年に発売されたゲームボーイアドバンス用ソフトでSFC版をベースに移植されています。

戦闘システムはSFC版かPS版かを選択でき、この作品でしか見ることの出来ないミニシナリオや追加マップなどもあるのでファンには見逃せない作品です。

ゲームボーイアドバンスはボタン数が少ないので、過去にファンタジアをプレイした方は操作に違和感を最初は感じるかもしれません。

2006年にPSP用ソフトとして発売されたもので、翌年には廉価版が発売されました。

タイトルの通り、メインシナリオがフルボイスになった他、戦闘時の一部のキャラクターが3等身に変更、称号イベントの追加などの要素が加わりました。

フルボイスとありますが、一部ボイスが収録されていない箇所があったり、2等身を引き伸ばしただけのキャラクターがいるなどの荒はありますが、十分に楽しめる移植になっています。

2010年には2006年版にさらに改良を加えた本作と同じ世界観を持つなりきりダンジョンのリメイク版を収録したクロスエディションが発売されました。

なりきりダンジョンに登場するロンドリーネがパーティキャラクターとして参戦する以外にも、ダッシュをはじめとした戦闘システムの大幅な変更や奥義・イベントの追加などただの抱き合わせ商法には収まらない要素があります。

今からファンタジアをプレイするなら一番のオススメです。

続いて、ファンタジアのキャラクターたちが登場する作品を紹介していきます。

テイルズオブザワールド~サモナーズ リネージ~

テイルズオブザワールド~サモナーズ リネージ~

  • 発売日: 2003/03/07
  • メディア: Video Game

テイルズオブファンタジアから数世紀後が舞台で主人公のフレイン・K・レスターはクラースの子孫です。

ストーリー自体は悪くないのですが、育てるキャラクターを間違えると詰んでしまうようなゲームバランスなので、あまりオススメは出来ません。

テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン

テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン

  • 発売日: 2000/11/10
  • メディア: Video Game

テイルズオブファンタジアの100年後が舞台で、クレスやダオスなどのおなじみのキャラクターも登場します。

「なりきりし」という能力を持ったふたごのディオとメルが主人公で、様々なコスチュームを使用して、不思議な生き物・クルールとともに精霊の試練を受けるための冒険を繰り広げます。

前半は明るい作風なのですが、徐々にシリーズの中でもかなりシリアスなストーリー展開になるため、好みが分かれるかもしれません。

2010年にはテイルズオブファンタジアとともにリメイク版が収録されたクロスエディションが発売されていますので、現在はそちらの方がプレイしやすいです。

テイルズ オブ ザ ワールド なりきりダンジョン2

テイルズ オブ ザ ワールド なりきりダンジョン2

  • 発売日: 2002/10/25
  • メディア: Video Game
テイルズオブザワールド なりきりダンジョン3

テイルズオブザワールド なりきりダンジョン3

  • 発売日: 2005/01/06
  • メディア: Video Game

なりきりダンジョンはシリーズ化され、ゲームボーイアドバンスで続編が発売されました。

各作品に繋がりはなく、多数のテイルズオブシリーズのキャラクターが登場するので、幅広い方にオススメ出来る作品です。

ファンタジアからはパーティキャラクター6人とダオスが2と3ともに参戦しています。

テイルズ オブ ファンダム Vol.2(ルークバージョン)

テイルズ オブ ファンダム Vol.2(ルークバージョン)

  • 発売日: 2007/06/28
  • メディア: Video Game

テイルズオブシリーズのキャラクターが多数登場する作品で、ミニドラマやミニゲーム、グラフィック画などが収められています。

Vol.1ではチェスターとクレスの出会いが、Vol.2ではアーチェが主役の物語が描かれています。

テイルズオブシリーズのキャラクターが共演する作品で、プレイヤーが作成した主人公が歴代キャラクターと冒険します。

ファンタジアからはチェスターとアーチェが登場し、操作も可能です。

チェスターは妹の面影を本作のヒロインであるカノンノに重ねているため、気にかけることが多いのは良いのですが、かなり大げさに描写されているので、ファンタジアのファンからするとかなり違和感があるかもしれません。

シリーズの第2弾で、前作のチェスターとアーチェに加え、クレスとミント、すず、ダオスが参戦しています。

プレイヤーキャラクターの増加や技の空振りが減ったりなどの前作での不満点が改善され、遊びやすくなったと思いますが、ファンタジアのキャラクターに秘奥義がないのが残念です。

シリーズ第3弾にして完結作です。

前作よりもさらに使用可能キャラクターが増え、ファンタジアやエターニア、レジェンディアのキャラクターにも秘奥義が追加されました。

クラースが参戦しないのは残念ですが、ゲーム自体の完成度は高く、シリーズのファンでなくても楽しめる作品に仕上がっています。

テイルズオブシリーズのキャラクターが多数登場する作品で、シリーズ初の対戦型アクションゲームです。

ファンタジアからはクレス、ミント、チェスター、アーチェ、ダオスが登場し、実際に操作が出来ます。

参戦キャラクターの偏りや性格が改悪されているなどの点からシリーズのファンからの評価は良くない作品です。

こちらもテイルズオブシリーズのキャラクターが共演する無双シリーズのようなアクションゲームで、クレスとチェスターがファンタジアからは参戦しています。

ストーリーも綺麗にまとまっていて、難易度も高くないので、様々な方にオススメが出来ます。

2003年に発売された作品を2011年にPSPに移植したもので、新たな追加要素の一つとしてテイルズオブシリーズのキャラクターがゲスト参戦しています。

2000年に発売された「7〜モールモースの騎兵隊〜」のシステムと一部の設定を引き継いだシミュレーションRPGで、ファンタジアからはクレスとミント、すずが本編クリア後に登場し、術技を伝授してくれます。

ゲーム内で時間の経過があるので、どんなに強いキャラクターでも歳を取れば弱くなっていくなど、新鮮なシステムが多い作品です。

ゲームの紹介は以上です。

紹介した作品以外にもデスティニーなどの他のテイルズオブシリーズにもサブイベントや闘技場の対戦相手などでファンタジアのキャラクターが登場している作品もあります。

続いて書籍を紹介していきます。

ゲームソフトよりも売れたと言われているスーパーファミコン版の攻略本で、この攻略本のヒットがデスティニー製作に繋がったみたいです。

プレイステーション版の攻略本はこれ以外にナムコ公式のものが限定で発売されていますが、そちらはメインクエストとサブクエスト&データで2冊にわかれて刊行されているので、今から入手するなら、紹介の攻略本がオススメです。

ゲームボーイアドバンス版の唯一の攻略本です。

ゲームボーイアドバンス版はスーパーファミコン版をベースに移植しているので、プレイステーション版の攻略本では代用出来ない箇所もありますので、持っていて損は無いと思います。

PSP版の攻略本です。

なりきりダンジョンX版の攻略本も発売されているので、今から入手する必要はあまり無いかもしれません。

なりきりダンジョンX版の攻略本で、ファンタジアのページもあるためかなりの分厚さです。

他にもゲーム発売と同時に発売された最速攻略本と公式コンプリートガイドが発売されていますが、最速攻略本はストーリー途中までの紹介、公式コンプリートガイドはファンタジアについての記載がかなり少ないので、あまりオススメ出来ません。

攻略本の紹介は以上です。

次からは小説などを紹介していきます。

ファミ通文庫より刊行されたノベライズ作品で、スーパーファミコン版をベースにしているためか、すずが仲間にならないので、出番がかなり少ないです。

アーチェが主人公の作品で、リアとの出会いなどが描かれ、ゲームでもちらっと触れられた彼氏のシノンも登場します。

ヴァルハラ戦役を描いた作品で、エドワードをはじめとしたゲームのオープニングに登場した4人やもちろんダオスも登場します。

クレスとチェスター、アミィの出会いが描かれている作品で、アーチェも登場します。

クラースが主人公の作品で、ゲームのその後を描いています。

ミラルドとの日常や主人公だけあって活躍シーンも多いので、クラースファンにとてもオススメです。

こちらもゲームのその後を舞台にした作品で、トーティスの復興を目指すクレス、チェスター、ミントの物語です。

トーティス出身ではないため、孤独感を感じるミントの心の葛藤が細かく描かれます。

ドラマCDに収録されていたミニドラマを元にした小説で、ダオスを倒した後のすずが描かれます。

チェスターとアーチェの息子が登場するなど、ファンタジアファンなら見逃せない作品になっています。

他の小説と比べると少し見つけにくいかもしれません。

テイルズオブマガジンに連載された唯一のコミカライズ作品で、全2巻が発売されています。

過去編までしか描かれておらず、藤島氏のイラストやOVAのデザインに馴れているので、かなり違和感のある作品になってしまっています。

テイルズオブファンタジアなりきりダンジョンのイラスト集です。

藤島康介氏のイラストは少なめで、他の35人のクリエイターによるものがほとんどなので、藤島氏のファンにはあまりオススメが出来ない作品です。

ドラマCDのシナリオや未収録になった脚本、スタッフインタビューなどを掲載しています。

TALES OF PHANTASIA The Animation ART Graphy

TALES OF PHANTASIA The Animation ART Graphy

  • 発売日: 2006/05/26
  • メディア: 大型本

アニメ版唯一の書籍で、キャストや藤島氏のインタビュー、各話の紹介、設定資料などで構成されています。

イラストも豊富に掲載されているので、OVAを視聴したことがなくても楽しめる内容になっています。

書籍の紹介は以上です。

他にも一迅社から4コマ漫画やアンソロジーコミックが発売されています。

小説は多少言動に違和感を覚える作品もありますが、どれもゲーム内では描ききれなかった心理描写やエンディングのその後が展開するのでオススメです。

次回で映像ソフトやCDを紹介していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

キャラグッズ紹介 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 書籍/フィギュア編

前回の映像ソフトとCDに続いて、ガンダム0080関連の書籍やフィギュアなどを紹介していきます。

まずは書籍からです。

本作品の小説で、OVAと結末が変わっているので賛否が別れている作品です。

スーパーロボット大戦からこの作品を好きになった自分には正直こちらの結末も好きです。

テンポ良く展開していくので、あっという間に読み終えられる作品だと思います。

1989年にコミックボンボンに連載されていたコミカライズ作品で、手がけているのはロックマンウルトラマンなどでもおなじみの池原しげと先生です。

アニメと同様にドラマ部分に比重を置いた作風ではありますが、アニメには登場しないフルアーマーガンダムジムキャノンなども描かれています。

長らく絶版のため入手しにくかったのですが、2000年にガンダムF91のコミックに収録され、2003年にはコンビニコミックとしてリリース。

2006年に展開された様々なガンダム作品のコミック作品をリーズナブルな価格で発売したGレジェンドコミックシリーズの一つとしても発売され、現在はこちらが一番入手しやすいです。

映像作品を漫画形式で読めるフィルムコミックで、全2巻が発売されています。

映像ソフトがあれば必要ないという意見もありますが、個人的には絵を描くときなどにとても重宝しています。

以前に発売された一年戦争関連のデータコレクションを一冊にまとめたもので、0080以外にもファーストや0083、第08MS小隊の機体も紹介しています。

目新しい情報は無く、データ量も多くは無いのですが、リーズナブルな価格で一年戦争デラーズ紛争で活躍した機体を見られるので、入門書にオススメの一冊です。

一年戦争を描いた作品を解説した一冊ですが、表紙の通り、0083や逆襲のシャアも収録しています。

カニックやキャラクターの紹介だけでなく、各作品のストーリーも比較的詳細に紹介しているのでとてもオススメです。

他作品との併録ではありますが、0080を10ページ以上に渡って紹介している書籍は少ないので貴重です。

本作に登場するモビルスーツのプラモデルの作例を集めた書籍です。

近年に発売されたものだけでなく、旧キットも掲載されているのは嬉しいです。

プラモデルを作らない方でも、見ているだけで楽しめる一冊だと思います。

書籍の紹介は以上です。

0080単体の書籍は少なく、ガンダムシリーズを紹介したものでも1〜2ページのみの紹介のことが多いので、これ一冊があれば事足りるというものが無いのがとても残念です。

今後も中々単体での書籍化は難しいと思われますが、オススメの商品があれば追記します。

続いてプラモやフィギュアを紹介します。

2019年に発売された1/100スケールのプラモデルで、1999年に発売されたタイプよりもスタイルやギミックなども進化していて、現時点で一番出来の良いアレックスのプラモデルだと思います。

今までのキットにはないチョバムアーマーの取り付け方やケンプファー戦での破損したアンテナの再現、アニメ未登場のバズーカ、シールドを持っていてもガトリングが撃てる新設定など、ギミックも多いので、組んでいてとても楽しい気分にさせてくれる良キットです。

こちらは1999年に発売されたバージョン1です。

パーツ数も多くないので組みやすく、チョバムアーマーも付属しているのでボリュームのある内容なのですが、Ver.2.0と比べるとスタイルや可動域も見劣りしてしまいます。

特に発売当時から賛否のあったどこかずんぐりとしたスタイルは今の目で見ると厳しいかもしれません。

ですが、チョバムアーマーを装着した状態ならそれが目立たないので良いと思います。

Ver.2.0はアーマーの着脱で破損させないように神経を使う箇所もあるので、僕はVer.2.0はノーマル、Ver.1.0はアーマー状態で飾っています。

アレックスと一緒に揃えたい1/100スケールのザクⅡ改のプラモデルです。

とても組み立てやすく、素組みでもカッコいいのでプラモ初心者の方にもオススメです。

指揮官機やフリッツヘルムの頭部が付属するので複数買いしたくなります。

1/144スケールのアレックスのプラモデルです。

リーズナブルな価格にも関わらずチョバムアーマーが付属し、アニメのスタイルに寄せた造形が魅力的なキットです。

HGUCシリーズは0080関連のモビルスーツがほとんど発売されているので、同サイズで飾れるのもオススメポイントです。

様々なロボットを展開する完成品アクションフィギュアシリーズで、チョバムアーマーは付属していませんが、本編に登場しなったライフルやシールド、バズーカの他、バーニアなどのエフェクトパーツも付属しています。

特にガトリングガンのエフェクトは取れやすいですが、嬉しい付属品です。

別売りのザクⅡ改の付属品を使用すればクライマックスシーンを再現出来るので、ファンとしては2体揃えたくなります。

2021年4月にザクⅡ改とともに再販されるので、入手しそびれていた方はぜひゲットしてください。

 

2020年でシリーズ10周年を迎えたデフォルメフィギュアで、スーパーやコンビニで販売されている食玩のシリーズなのですが、大型な機体などはプレミアムバンダイで限定販売もされています。

ザクⅡ改はリニューアルされたアレックスとともに2019年発売の第17弾にラインナップされました。

中々商品化されないようなレアな機体も多数発売されているので、これからの展開に目が離せないガンダム食玩シリーズです。

ポピーから発売されたポリストーン製のクリスのフィギュアです。

クリスの完成品フィギュアはあまり発売されていないので、貴重な一体ですが、ポリストーン製なので破損しやすいので扱いには注意が必要です。

同シリーズではパジャマ姿のクリスも発売されています。

また、紹介のパイロットスーツのクリスを素材とサイズを変更してトレーディングフィギュアにした「ガンダムヒロインズ」や私服姿でラインナップされたトレーディングフィギュア「ガンダムヒロインヒストリー3」なども発売されています。

フィギュアなどの紹介は以上です。

アレックスは比較的商品化に恵まれていますが、ケンプファー以外のサイクロプス隊が搭乗したジオンのモビルスーツまでは中々発売されず、同スケールで揃えられるものは少ないです。

今回紹介したものだと、1/144スケールのHGUCシリーズが一番0080の機体が発売されているのでコレクションに最適だと思います。

ここからはゲームを紹介していきます。

1989年に発売されたゲームブックです。

クリスが盗まれたアレックスを探す物語で、シャアやララァアムロの父であるテム・レイにスレッガーも登場します。

0083が製作される前の発売ということもあり、現在の目から見ると設定が違う箇所もありますが、あの結末を回避することも出来ます。

定価の8〜10倍くらいで販売されていることが多いので気軽に遊べないのが残念です。

SDガンダム Gジェネレーションスピリッツ

SDガンダム Gジェネレーションスピリッツ

  • 発売日: 2007/11/29
  • メディア: Video Game

ガンダムシミュレーションRPGシリーズの一つでファーストからVガンダムまでの宇宙世紀を舞台にした作品のみが登場します。

この作品で0080の主人公のアルがシリーズ初登場、クライマックスU.C.と同様に声は比嘉久美子女史で、ナレーションを浪川大輔氏が担当しています。

声変わりで演じられないのは残念ですが、こういった粋な演出はファンとしてはとても嬉しいです。

戦闘シーンも大幅に進化し、ジージェネシリーズの流れを良い方向に変えた作品だと思います。

ガンダム バトル タクティクス - PSP

ガンダム バトル タクティクス - PSP

  • 発売日: 2005/09/22
  • メディア: Video Game

PSPで展開されたガンダムシリーズの一作目です。

ゲームでのアレックスの扱いは難しく、ジージェネをはじめとした原作再現作品であれば良いのですが、Z以降のモビルスーツも多数登場するアクションゲームなどではどうしても抑えられた性能なのが多いです。

ですが、一年戦争を題材にした作品なら、高性能機として活躍しています。

なので紹介の作品も一作目ということもあり、0083やZの機体は登場していないので、十分に活躍が出来ますし、パッケージでもとても目立っています。

もちろん、続編のバトルロワイヤル以降のシリーズにも参戦しています。

スーパーロボット大戦α Dreamcast

スーパーロボット大戦α Dreamcast

  • 発売日: 2001/08/30
  • メディア: Video Game

0080は1991年発売の第2次スーパーロボット大戦ズゴックEハイゴッグが登場、第3次スーパーロボット大戦からシリーズに正式参戦してから、多くの作品に登場していますが、いるだけ参戦の事が多く、性能と能力も高くないので、活躍するのが難しい作品ばかりでした。

ですが、紹介のスーパーロボット大戦αドリームキャスト版のクリスとバーニィは最終決戦でも活躍出来るほどに能力が底上げされています。

スーパーロボット大戦IMPACT

スーパーロボット大戦IMPACT

  • 発売日: 2002/03/28
  • メディア: Video Game

ワンダースワンで発売されたコンパクト2をベースに登場作品を追加したものです。

第1話からクリスとバーニィが登場し、隠しユニットの入手条件や戦闘前の会話でも絡みがあるので出番が多いです。

アレックスやザクⅡ改も強化パーツのおかげで強化を施せば第3部でも十分に活躍が出来ます。

スーパーロボット大戦XO - Xbox360

スーパーロボット大戦XO - Xbox360

  • 発売日: 2006/11/30
  • メディア: Video Game

ゲームキューブ用ソフトのGCに追加要素を加えたもので、(削除された要素もあり)0080関連だとアレックスとザクⅡ改の合体技が追加されています。

一年戦争がメインで扱われるので、久しぶりの参戦で、主人公のアルが初めて本編にも登場、シュタイナー以外のサイクロプス隊も初登場した作品になっているので、0080が好きな方には一番オススメのスパロボ作品です。

アレックスにはアレックスアサルトというライフルとガトリング、サーベルを連続で使用する必殺技があるので、強化すれば終盤でも活躍できます。

ゲームの紹介は以上です。

0080一年戦争を扱った作品のほとんどに参戦していて、さらにスパロボコンパチヒーローシリーズなどのクロスオーバー作品にも数多く登場しているので、かなり厳選して紹介させていただきました。

小学生のアルの視点で戦争が描かれていくので、ロボットに興味が無い方や複雑なストーリーを好まない方にも視聴しやすく、全ガンダム作品の中でも特に色々な方々にオススメしやすい作品だと思います。

また、連邦軍よりもジオン側の描写の方が圧倒的に多く、バーニィサイクロプス隊の魅力あるキャラクター性もあって、個人的にはジオン軍を好きにさせてくれた作品でもあります。

決して些細な一事では片付けられない、宇宙世紀ガンダムシリーズの世界を広げた名作をこれからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

キャラグッズ紹介 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 映像ソフト/CD編

今回はガンダムシリーズで初めてOVA作品としてリリースされた「機動戦士ガンダム0080」を紹介していきます。

ファーストガンダムで描かれた一年戦争末期の物語で、連邦軍にもジオン軍にも与しないコロニーであるサイド6での出来事を小学生のアルの視点で描いています。

全6話の構成なので視聴しやすく、物語のテンポも良いので、とてもオススメな作品です。

早速映像ソフトから関連商品を紹介していきます。

1999年にDVDが発売されました。

各3話ずつを収録し、映像特典はビデオとLDの発売当時のCMとノンクレジットのオープニング・エンディング映像です。

歴代ガンダム作品をリーズナブルな価格でボックスにして発売したシリーズで、描き下ろしのイラストを使用したボックスと解説書が新たに付属しています。

作品の人気と定価が元々安いこともあって、中古でもあまり値段が下がっていない印象です。

ようやく発売されたBlu-rayボックスです。

映像はとても30年前の作品とは思えないくらいに綺麗になっています。

特典映像は4話と6話だけですが、新録のオーディオコメンタリー、ノンクレジットのオープニング・エンディング映像、0080発売記念イベントのオープニング映像などで、DVDに収録されていた英語版音声やビデオやLDのCMは未収録です。

付属のブックレットには解説以外にもアニメージュに掲載された小説も掲載されています。

歴代のガンダム作品のBlu-rayをリーズナブルな価格でリリースしているシリーズです。

他のガンダム作品のBlu-rayと同様に「機動戦士ガンダム 光る命Chronicle U.C.」という宇宙世紀作品の映像と新作パートを交えて描く短編作品が収録されているディスクが付属しています。

2017年版のBlu-rayが高騰していたので、入手しそびれていた方には嬉しい発売でした。

ブックレットは付属していませんが、その内容が特典映像として収録されています。

ガンダム MS動画図鑑 [宇宙世紀]編 Vol.2 [DVD]

ガンダム MS動画図鑑 [宇宙世紀]編 Vol.2 [DVD]

  • 発売日: 2009/11/25
  • メディア: DVD

ガンダムシリーズに登場するメカニックを紹介した映像集で0080関連は第2巻に収録されています。

モビルスーツの紹介も2、3分なので、お手軽に振り返られるのでオススメです。

個人的にはプラモやフィギュアを飾る時のポージングの参考にしています。

映像ソフトは以上です。

Blu-rayにはDVDにはあったCMなどが未収録になっていますが、画質やブックレットを考えるとBlu-rayの方がオススメです。

特にアニメージュに掲載されたクリスの小説は単行本化されたことがなく、入手しにくい作品だったので、とても有難い復刻です。

中々不思議な物語ですが、本編ではあまり描写がなかったクリスとアレックスの関係性がわかります。

次はCDを紹介していきます。

オープニングテーマとエンディングテーマもフルサイズで収録しているサントラです。

本編で未使用のBGMも多数収められているのは嬉しいのですが、構成がバラバラなので本編を視聴した方が通しで聴くと違和感があるかもしれません。

BGMのクオリティは良いのですが、その構成が残念です。

サントラの第2弾で、4巻から6巻で使用された楽曲が多いので、ようやく活躍するアレックスや涙無しでは見られないクライマックスが脳裏に浮かびます。

主題歌のインストバージョンやショートバージョン、さらにはクリス役の林原めぐみ氏によるイメージソングも収録されているので、1よりも聞きやすいと思います。

いつか空に届いて

いつか空に届いて

  • アーティスト:椎名恵
  • 発売日: 1989/02/05
  • メディア: CD

主題歌2曲を収録したシングルCDです。

主題歌だけを聴きたいという方にはオススメですが、8センチシングルなので、自身のプレーヤーが対応しているか要確認です。

GUNDAM-SINGLES HISTORY-2

GUNDAM-SINGLES HISTORY-2

ファーストからXまでのガンダム作品の主題歌を集めたCDの第2弾に主題歌が収録されています。

他のガンダム作品の歌も集めるならオススメですが、本作のイメージソングは未収録です。

GUNDAM SONGS 145

GUNDAM SONGS 145

こちらもガンダム作品の歌を集めたCDでファーストから00までのほとんどの歌をこのボックスで集められるのですが、イメージソングは未収録です。

現在は定価以上の金額で取引されることがほとんどなので、オススメしにくいですが、SDガンダム関連の歌がまとまって入手出来るのは魅力的です。

CDの紹介は以上です。

サントラ2枚があれば、BGMだけでなく、主題歌とイメージソングも集まるので、購入するならサントラがオススメです。

1999年に再販もされていて、いまからでも新品が入手しやすいです。

次回は書籍を紹介します。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!





キャラグッズ紹介 赤紙の白雪姫

今回関連商品を紹介する作品は「赤髪の白雪姫」です。

あきづき空太氏による漫画作品で、2006年9月号から2011年9月号まで「LaLa DX」に連載され、その後は2011年11月号から「LaLa」に移籍して連載中です。

林檎のような美しい髪をもつ白雪は、生まれ育った国であるタンバルンの王子ラジにその髪の色を気に入られ、自身の愛妾の座を用意されましたが、それを拒否して髪を切り、タンバルンを出て、辿り着いたのは隣の国である、クラリネス王国。

その後、クラリネス王国の森で王国の第二王子であるゼンという少年に、追ってきたラジから助けてもらった白雪は、宮廷薬剤師として働きながら、ゼンの為に協力していくという物語です。

2015年にはアニメ化もされ、2016年には第2シーズンも放送された人気作品です。

早速本作品の関連グッズを紹介していきたいと思います。

まずは書籍です。

漫画の単行本で2020年3月に最新巻である第22巻が発売されました。

ミニ画集付きのコミックス18巻の限定版です。

この画集のための描き下ろしイラストも収録されているので、ファン必携です。

紹介の18巻以外にも15巻にはOVA収録のDVD、16巻と19巻、20巻にはドラマCDが付属している限定版も発売されています。

本作品のファンブックです。

ストーリーやキャラクターの紹介だけでなく、設定資料や描き下ろしの漫画も掲載。

さらにアニメ版のキャストとスタッフのインタビューなども収録されているので、アニメのファンにもオススメできる一冊です。

書籍の紹介は以上です。

コミックスの限定版は良く販売しているところを見かけますが、定価以上で取引されていることが多いです。

特典のOVAやドラマCDはアニメ版と同じキャストやスタッフなので、アニメからファンになった方々にもオススメできる作品なので、ぜひ集めてみてください。

続いて映像ソフトを紹介していきます。

アニメシリーズを収録したBlu-rayの第1巻で、DVDも発売されています。

描き下ろしのコミックのほか、2015年7月に行われた先行上映会の模様を収録した特典DVDも付属しています。

全話収録のBlu-rayボックスも発売されていますが、2巻以降にもラジオやドラマを収録したCDが特典として付属しているので、単品版を今から集めるのもオススメですが、その場合はOVAが手に入らないので、コミックの限定版も購入する必要があります。

OVAが特典のコミックス15巻の限定版です。

コミックス10巻に収録の41話と、7巻と11巻に収録された特別編を再構成した物語で、アニメと同様のキャストが出演しています。

第1シーズンと第2シーズンの全24話とコミックス第15巻の特装版に付属していたDVDに収録されていたOVABlu-ray化して集めたものです。

描き下ろしのイラストを使用したパッケージやポストカードも付属しています。

プレミアのついているOVAが収録されているのはとても有難いですが、ラジオCDなどが特典の単品版を集めていった方が特典は豪華です。

映像ソフトの紹介は以上です。

映像ソフト以外にドラマCDなども集めるなら単品版を、OVAも含めた映像作品だけを手に入れるならBlu-rayボックスが良いと思います。

次はCDを紹介していきます。

オープニングテーマは主人公の白雪の声を担当している早見沙織のデビューシングルでもあります。

ノンクレジットのオープニング映像を収録したDVDが付属しているアニメ盤の他にも、ミュージックビデオを収録したDVDが付属するアーティスト盤、CDのみの通常盤の3形態で発売されました。

ノンクレジットのオープニング映像はBlu-rayまたはDVDの特典にもなっていますが、ジャケットも白雪デザインなので、作品のファンにはアニメ盤がオススメです。

エンディングテーマを収録したeyelisの4枚目のシングルで、カップリング曲の「銀世界」はOVAのエンディングテーマにもなっています。

ジャケットは原作者のあきづき空太先生の描き下ろしイラストを使用しています。

第2シーズンのオープニングテーマを収録した早見沙織の2枚目のシングルです。

アニメ盤にはボーナストラックとして、オープニングテーマのTVサイズが、付属のDVDにはノンクレジットのオープニング映像が収録されています。

アニメ盤以外にも、「Installation」のミュージックビデオを収録したDVDが付属するアーティスト盤、CDのみの通常盤も発売されました。

eyelis / 「ページ〜君と綴る物語〜」<特典DVD付>

eyelis / 「ページ〜君と綴る物語〜」<特典DVD付>

  • アーティスト:eyelis
  • 発売日: 2016/02/03
  • メディア: CD

第2シーズンのエンディングテーマも引き続き、eyelisが担当しています。

今回は通常盤以外にも特典DVD付きも販売され、第1シーズンと第2シーズンのノンクレジットエンディング映像が収録されています。

早見沙織/live for LIVE(CD+Blu-ray盤)

早見沙織/live for LIVE(CD+Blu-ray盤)

  • アーティスト:早見沙織
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: CD

2種類のオープニングテーマを収録している早見沙織のアルバムです。

Blu-ray付きとDVD付き、通常盤の3形態が発売され、Blu-rayまたはDVDには早見沙織のデビュー密着映像の再編集版などが収録されています。

「crescendo」<特典CD付盤>

「crescendo」<特典CD付盤>

  • アーティスト:eyelis
  • 発売日: 2016/05/18
  • メディア: CD

eyelisの2枚目のアルバムで、本作品のエンディングテーマ3種類だけでなく、「ハヤテのごとく!」や「神のみぞ知るセカイ」などの他のアニメ作品の曲も収録しているので、様々なアニソンを集めるならオススメです。

デモテイクを収録した特典CD付きと通常盤の2種類が発売されています。

赤髪の白雪姫 Original Soundtrack 音楽:大島ミチル

赤髪の白雪姫 Original Soundtrack 音楽:大島ミチル

本作品の音楽を担当しているのは、アニメやゲーム以外にも数々のドラマやCM曲も手掛けている大島ミチル氏で、第1シーズンと第2シーズンで使用されたBGMとOVAも含めた主題歌5曲のTVサイズも収録した豪華2枚組です。

癒し効果がありそうな穏やかな曲調が多く、アニメ本編を見ていない方にも十分にオススメできるCDになっています。

続いてドラマCDを紹介します。

コミックスの16巻の限定版にはドラマCDが付いてきました。

あきづき先生の描き下ろしのエピソードとフリートークが収録されています。

セレグ騎士団の副団長である、ヒサメが登場するドラマCDが付属した19巻の限定版です。

原作の99話と100話をドラマ化したものと描き下ろしのエピソードが収録されているドラマCDが付属しています。

アニメのBlu-rayまたはDVDの第5巻と第7巻の限定版にはドラマCDが付属しています。

La・La(ララ) 2016年 03 月号 [雑誌]

La・La(ララ) 2016年 03 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2016/01/23
  • メディア: 雑誌
LaLa 2018年 07 月号 [雑誌]

LaLa 2018年 07 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2018/05/24
  • メディア: 雑誌
LaLa 2019年 02 月号 [雑誌]

LaLa 2019年 02 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2018/12/22
  • メディア: 雑誌

LaLaに付録としてドラマCDが付属していたこともあります。

続いてラジオCDを紹介していきます。

アニメのBlu-rayまたはDVDの限定版にはラジオCDが付属している巻があり、2巻と3巻、6巻、9巻、10巻、11巻がそれです。

CDの紹介は以上です。

主題歌やサントラは種類が少ないので、集めるのは容易ですが、ドラマやラジオのCDは特典として付属したものばかりなので、今から揃えるなら、根気よく探す必要があると思います。

次は雑貨などを紹介していきます。

[asin:B0892NFB1Y:detail]

アニメの第2シーズン放送時期にコトブキヤから発売された缶バッジで、全部で10種類です。

2015年のアニメ放送時にコンテンツシードから発売されたアクリルキーホルダーで、他にもゼンやオビなど全部で6種類あります。

他にもコンテンツシードからはボールペンやキーホルダーなどがアニメ放送時期に数種類発売されています。

雑貨の紹介は以上です。

アニメ放送終了後は連載されているLaLaでグッズが付録になることが多いです。

また、様々なアニメ作品とコラボしたアクセサリーも展開する「JAM HOME MADE」からも数種類ネックレスが発売されていました。

まだ漫画は連載中なので、これからの商品化にも期待できます。

ヒロインと王子様のラブストーリーが主軸の王道な作品ですが、主人公の白雪の性格が間違っていることを間違っているとしっかりと発言するような強い信念を持った性格なので、少女マンガを普段読まない方や男性でも比較的読みやすい作品だと思います。

アニメ版も作画が全話で安定していて、豪華なベテラン声優陣が出演しているので、安心して見ていられます。

ただ、物語が大きく動くエピソードよりも日常回が多く、その結末も先が読めてしまう展開が多いため単調に思えてしまうかもしれません。

ゼンの側近の3人もアニメ版だと描写不足で魅力が伝わりにくいので、マンガにも触れると印象が変わると思います。

両方に良いところがありますので、ぜひ、原作にもアニメ版にも触れてみて欲しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

キャラグッズ紹介 クラシカロイド

今回紹介するのは「クラシカロイド」です。

2016年10月からEテレで全25話が放送され、翌年の2017年10月から第2シリーズも全25話放送されました。

主人公である音羽歌苗はハママツという町の高校生で、祖母から引き継いだ音羽館を切り盛りする大家でもあり、その音羽館で、自称ベートーヴェンと自称モーツァルトの二人組みと出会います。

彼らはクラシカロイドという存在であり、奏でる曲にはムジークと呼ばれる不思議な力が宿っているため、タクトを振るうと様々な超常現象が起きてしまい町は大騒ぎ。

さらにクラシカロイドは彼ら二人だけでなく、バッハやショパンなどを名乗る者も現れ、その存在やムジークに秘められた謎を描いていきます。

クラシック音楽という時点で堅苦しさを想像されるかもしれませんが、基本はギャグアニメでわけがわからない展開がとても多い作品なので、無理な人にはとことん無理だと思いますが、ハマれば心地よくなる極端なノリが印象的です。

本作品の魅力の一つはムジークという音楽で、そのムジークにはムジークプロデューサーが設定されています。

クラシックの名曲を布袋寅泰氏や浅倉大介氏たちが、アレンジしているので、原曲との違いを楽しめると思います。

まずは映像ソフトから紹介します。

クラシカロイド 1 [DVD]

クラシカロイド 1 [DVD]

  • 発売日: 2017/01/27
  • メディア: DVD
クラシカロイド 1 [Blu-ray]

クラシカロイド 1 [Blu-ray]

  • 発売日: 2017/01/27
  • メディア: Blu-ray

第1シリーズの映像ソフトです。

DVDとBlu-ray、両方リリースされていて、全8巻あります。

1巻には第1話から第4話と映像特典として、特番やノンテロップのOP/ED、PVなどを収録しています。

2巻以降は3話ずつ本編を収録していて、映像特典は各回のノンテロップエンディング映像です。

初回版のみ、化粧紙付きということですが、これが付いていない新品は見たことがないので、ほとんどの商品に付属していると思われます。

アニメイトでDVDまたはBlu-rayを全巻購入すると座談会DVDがもらえるキャンペーンも行われていました。

第2シーズンの映像ソフトは特設サイトでの受注販売で、Blu-rayのみがリリースされました。

特殊な販売パターンだったのとあまり数が出回っていないので、入手しにくいですが、プレミアはあまりついていないので、根気よく探してみてください。

映像ソフトは以上です。

第2シーズンがBlu-rayのみの発売なので、第1シーズンもBlu-rayを購入するのがオススメです。

また、レンタルは第1シーズンしか解禁されていないので、視聴するだけなら配信が良いと思います。

続いてCDの紹介です。

第1シリーズと第2シリーズ、両方のオープニングテーマとして使用された「クラシカロイドのテーマ」の他、本作品は各話でエンディングテーマが異なっているので、第1話、2話、3話、5話、6話、7話、11話、16話で使用されたエンディングテーマが収録されています。

シリーズ2弾と3弾にも第1シリーズのエンディングテーマや挿入歌を収録しています。

クラシカロイド MUSIK Collection Vol.4

クラシカロイド MUSIK Collection Vol.4

クラシカロイド MUSIK Collection Vol.5

クラシカロイド MUSIK Collection Vol.5

  • アーティスト:布袋寅泰
  • 発売日: 2018/02/14
  • メディア: CD
クラシカロイド MUSIK Collection Vol.6

クラシカロイド MUSIK Collection Vol.6

  • アーティスト:布袋寅泰
  • 発売日: 2018/04/11
  • メディア: CD

シリーズ第4~6弾に第2シーズンの楽曲を収録しています。

クラシックに詳しくなくても、どこかで聞いたことがある曲も多く、アニメ本編を見ていなくても楽しめる内容です。

また、歌無しのインストバージョンも収録されていますので、クラシックが好きな方にも、個性豊かなアレンジが施された名曲に触れていただけたらと思います。

こちらの6枚はムジークのCD6枚と対になる内容で、アレンジ前の原曲が収録されています。

本作品でクラシックに興味を持った方には最適なシリーズです。

クラシカロイド Original Sound Track

クラシカロイド Original Sound Track

  • アーティスト:HIIH
  • 発売日: 2017/04/26
  • メディア: CD

劇中のBGMを収録したサントラです。

本作品の音楽はファイナルファンタジーXⅢやくまのがっこうの劇場版など幅広い作品を手掛けている浜渦正志氏です。

クラシック音楽やムジークが話題になりがちですが、氏が手掛けた音楽も名曲揃いなので必聴です。

ジークのインストバージョンやオープンニングテーマのTVサイズバージョンなども収録した二枚組の構成なので、聞き応えもあります。

フィギュアスケートで良く使用されるクラシック音楽を集めたベスト盤。

羽生結弦選手をはじめとした有名な選手たちが使用していた曲も多数収録されているので、聞いたことのある曲も多いと思います。

中古であれば比較的リーズナブルな価格なのが多いので、クラシックの入門盤としてもオススメです。

クラシカロイド劇中でも使用されたものを中心に構成したクラシック音楽のベスト盤です。

リーズナブルな価格で6枚組という大ボリュームな内容は嬉しいです。

こちらもクラシックの入門盤としてとてもオススメできるCDです。

続いて書籍を紹介していきます。

ジークの原曲となったクラシックの名曲たちをピアノソロにアレンジした楽譜で、本作品がきっかけでクラシックに興味を持ち、さらに自身で演奏したいという方に向けた楽譜です。

作品のガイドブックなどは発売されていないので、クラシカロイドの唯一の書籍になります。

ここからはキーホルダーなどの雑貨をいくつか紹介します。

ブラインドパッケージで販売された劇中の場面をデザインしたアクリルキーホルダーで、全部で10種類があります。

2019年の11月頃に発売されましたので、探せば新品で見つかるかもしれません。

同時期に缶バッジも発売されています。

クラシカロイドたちをらくがき風のデザインであるグラフアートデザインで缶バッジにしたものです。

クリスマスコスチュームですが、発売時期が2020年の2月くらいだったので、ワゴンセールで見かけることもあり、新品でも定価割れで取引されているのを見かけます。

同様のイラストを使用したアクリルキーホルダーも発売されています。

関連商品の紹介は以上です。

他にもペンケースやトートバッグなどがキーホルダーや缶バッジと同じくA3というメーカーから販売されていますが、立体化の機会には恵まれておらず、フィギュアなどは発売されていません。

放送終了からしばらくしてキーホルダーなどが発売されただけファンとしては嬉しい限りですが、フィギュアなどを希望するファン層から支持があるような感じではないので、今後もフィギュア化は難しそうです。

今後も中々新商品が発売されることは第3シリーズが無い限りは難しいかもしれませんが、発売されましたら、追記していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!