ウルトラマングッズ研究所 マルサン商店 ウルトラQソフビ編

今までに発売されたウルトラシリーズのグッズをリスト化して紹介する「ウルトラマン グッズ研究所」の第1回目はは、国産プラモデルの始祖メーカーであるマルサン商店が1966年に発売開始したウルトラQの怪獣ソフビです。

全部で7種類が発売され、生産時期によってカラーバリエーションがあり、マルサン商店から版権と金型を引き継いだブルマァクからも一部の怪獣は再販されました。

販売形態は「世紀の大怪獣 ウルトラQ」と記されたヘッダーが付いたビニール袋に入れられて販売され、A4サイズの怪獣解説とハガキサイズの怪獣一覧も付属していました。

1990年代からは復刻版も多数発売されていますが、中々当時品はお目にかかることが少なく、取引金額もかなりのものになります。

筆者も手にしたことはなく、アンティークトイショップやイベントで展示されているものを見たことしかありませんが、どんな物が発売されていたのかを簡単に記していきます。

ゴメス

1966年発売
価格350円

f:id:dream-hobby:20210304205710j:plain

画像はワールドフォトプレスフィギュア王プレミアムシリーズ ウルトラソフビ超図鑑 8ページ

ウルトラQの第1話に登場した古代怪獣で、ウルトラシリーズの第1号怪獣でもあります。
初回生産分は尻尾が別パーツで動かせるようになっていて、それ以降の発売分は尻尾は体と一体成型になったので動かせません。
ちなみに初回生産分は600体くらいしか製造されなかったようです。

ガラモン

1966年発売
価格350円

第13話と第16話の2回に登場した隕石怪獣です。
ゴメスと同じく初回分は尻尾が可動するようになっていて、600体ほどしか作られていないのでかなりのプレミアが付いています。

ゴロー

1966年発売
価格350円

第2話に登場した巨大猿で、特に初回分はプレミアが付いています。

ペギラ

1966年発売
価格350円

5話と14話に登場した冷凍怪獣です。
シルバーのスプレーが落ちてしまっている個体が多いので、美品はとてもレアです。

パゴス

1966年発売
価格350円

第18話に登場した地底怪獣で、近年ではタイガやZにも新規のスーツで登場しています。
4足歩行のイメージが強いですが、ソフビは2本足で立って立体化されています。

カネゴン

1966年発売
価格350円

第15話に登場したコイン怪獣で、ウルトラQ怪獣の中でもかなりの知名度を誇っています。
足や尻尾が劇中とは違うデザインで作られています。恐らくソフビ作成時の資料が少なかったのだと思います。

ナメゴン

1966年発売
価格350円

第3話に登場した火星怪獣で、ウルトラシリーズ初の宇宙怪獣です。
目が破損している個体が多いため、美品は相当な金額になります。

発売された怪獣は以上の7体です。

1989年や1997年にはバンダイより、多数の復刻版が発売されていますので、そちらはまた別の機会に紹介していこうと思います。

気になった方はウルトラマンのソフビを扱った書籍に掲載されていますので、ぜひチェックしてみてください!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村